学生 お金借りる ポイント

学生がお金を借りる時のポイント

 

学生がお金を借りないといけない時は基本的に両親にお願いすることが良い方法です。

しかし、両親との関係や家庭の事情により「お金を貸してほしい!」なんて言えないことがあります。

 

そんな時、やはり考えるのが消費者金融からのキャッシングです。

また、銀行系のキャッシングも利用ができます。

 

その他、学費の支払い等での資金が必要なら、

学校独自の奨学金や各自治体などでも奨学金制度があったり、国の教育ローンなどもあります。

 

できれば、学生のうちから簡単にお金を借りる事をしないで、

お金を作り出す方法をまずは探すのも大切です。

・アルバイトをしているのなら、お給料を必要な分だけ先に支払ってもらう。

・日雇いのアルバイトを探して数日間だけやってみる  など。

 

それでも、どうしてもダメなら消費者金融や銀行申し込みをしましょう。

 

おさえたい!ポイント!

学生でも申込みが可能か

OK

学生でも申込みが可能でないと意味がありません。(学生と言っても高校生は不可です。大学生からで18歳以上がほとんどです。)学生お断り!というカードローンやキャッシングもあるのでよく確認して申込みをしてください。
また、申込みの際には身分証明書や学生証などが必要ですので用意しておくと良いです。そして重要なのがアルバイトなどの毎月決まった収入があることが条件です。

両親への連絡

基本的に両親への電話連絡はないと思っていて大丈夫です。電話連絡がある場合は支払いが遅れているのにもかかわらず連絡が取れない。滞納してなかなか返済してくれない場合連絡が両親宛にされることもあります。また、郵送物で両親にバレてしまう可能性が高いので、郵送物のないキャッシング会社を選ぶとよいです。ウェブ完結型は比較的郵送物が少なく、その場でカードを発行してくれるタイプの商品もバレにくいです。

保証人の有無

不要の場合が多く、それは学生キャッシングの場合は金利がその分高かったり、融資限度額が低いので不要となります。基本的に学生キャッシングの利用者は両親や友人、恋人にバレたくないという人がほとんどですから、そこに保証人が必要となれば借りる人が少なくなってしまうので、企業側としても保証人不要にしています。(キャッシング会社によって異なるのでよく確認しましょう)

郵送物の有無

両親や友人、恋人にキャッシングのことがバレてしまうキッカケのほとんどが、郵送物です。ポストに入っているのを見られた。郵送物を部屋のテーブルに置いておいたら見られた。などがあります。なので利用明細の郵送やカードローンの場合はカードを送られてくるタイミングなどを確認しておきましょう。この時に銀行系のカードローンだと、封さえ開けられなければ、口座を作ったなどと、言い訳もできます。
また、消費者金融系でも、学校の友だちのお兄さんが営業マンで付き合いで・・・。すぐハサミを入れていいと言われたから作った。などと言えば良いです。

借り入れしたい金額と入金のタイミング

お金

いくら借り入れしたいか、いつまでに入金して欲しいかなどをはっきりとさせて、その希望が叶うかどうかを確認しましょう。30万借りたいのに10万までしか借りられなかったら意味がありませんし、入金までに4日間かかるのに2日後にお金が必要なら意味がないです。

良くある不安点

借入金の使用目的は何でもいいの?

使用目的は自由な場合が多いですが、事業性資金には使えない商品がほとんどです。なので自分で起業してお金を稼ぐ為の軍資金としては使うことができません。しかし、資格取得のためや生活費、交通費、交際費等は利用ができます。また、申し込む際に使用目的を細かく聞かれることもないので安心して利用ができます。

実家に連絡が行く場合はあるの?

上記でも説明を少しだけしていますが、基本的に電話で両親に連絡がいくことはないです。連絡があるときは滞納等していて借り入れしている本人と連絡が取れない場合がほとんどです。きちんと返済をして普通に利用していれば両親に電話でキャッシングの利用がバレてしまうことは、ほぼないです

友人や恋人にお金を借りていることがバレてしまう?

こちらも、上記でも説明していますが、基本的にカードローンのカードをお財布に入っているのが見られてしまったり、郵送物を部屋の机の上に置きっぱなしなどにしない限りバレてしまうことは、ほぼないと思っていて大丈夫です。

将来の就職に問題はあるの?

就職に関しては普通に利用して、返済もきちんとしているのであれば何も問題なく就職ができます。しかし、あまりにもひどい滞納や自己破産などをしてしまうと就職に影響が出る可能性もありますし、自己破産などをすると就職できない職業もあるので要注意です。

将来結婚した時にお金を借りたことが知られてしまうの?

3人家族

知られる可能性は低いです。もちろん、普通に利用して滞納などがない場合です。
何度も繰り返して滞納などをしていたり、自己破産などをしていると事故登録と言って、信用情報機関にに登録されてしまいます。信用情報は5年程度で消去されますから事故登録されてから5年後ぐらいからなら結婚して自動車ローンや住宅ローンなどが組める可能性は上がりますが、一概に言えません。結婚後、あちこちの会社にローンの申込みを依頼しても何度も落とされるなどから、パートナーにバレてしまうことはあるかもしれません。

収入証明って必要なの?

基本的に不要です。借り入れできる金額ももとから少ないです。またアルバイト先への在籍確認などの電話もないことが多く、気軽に誰にも知られずに借り入れすることができます。

返済できなくなったら?

返せない

自分の返済能力以上に借入をしてしまい、返済ができない状態になってしまったら、まずはキャッシング会社に連絡します。連絡すればしばらくの間は両親への連絡は避ける事ができます。
そして月にいくらなら支払えるかなどをキャッシング会社の担当者と話をして、返済していくことができます。また、この時不安点などがあれば弁護士などの無料相談や公的機関でも無料相談をすることができるので利用してみると良いです。返済ができないで延滞すると遅延損害金がつくので通常の金利より高く支払いをしないといけません。また信用情報にも、事故登録をされてしまうので社会人になってからお金を借りることが難しくなったり、就きたい職業につけなくなる可能性もあるので、返済を考えながら利用するようにしましょう。