学生カードローン 親バレ

親バレする原因は?

遊びすぎて月末にお金が足りなくなったという経験をしたことのある学生さんも少なくないと思います。

 

今は、学生でも借りれるカードローンがあるので借りようと思えば可能なのですが、カードローンに申し込んだことが親にバレたら困るという方も多いと思います。

 

親にバレてしまうのはどんな時ででょうか?また、親に内緒でカードローンの申し込みをすることは可能でしょうか?

 

親バレする時

カードローンの申し込みをすると、在籍確認ということで職場に電話がかかってきます。また、本人確認や申し込み内容の確認ということで、自分が連絡先として申告した電話番号に電話がかかってくることもあります。審査結果の連絡はメールの場合もあれば電話連絡の場合もあります。なので申込時は必ず自分の携帯電話の番号を記入しましょう!!

 

そうなると親と同居している学生の場合は、親が電話に出たら、カードローンに申し込んだことがばれてしまうのではと心配ですね。また、審査に通るとローンカードや契約書などの書類が郵送されてくるので、郵便物を親に見られてバレてしまうのではという不安もあります。

 

また、返済を滞納したりすると督促状が届いたりするので要注意です!

 

親にバレないで借りる方法

自宅に電話がかかってくると親にバレるので困るという方は、連絡先を自宅ではなくて、自分の携帯電話にすることができます。

 

以前は連絡先が携帯電話だと、審査に不利と言われていましたが、最近では固定電話を設置しない世帯も増えてきたので、連絡先が携帯電話であっても、審査にはそれほど大きな影響はないようです。

 

最悪、自宅に電話がかかってきたとしても消費者金融は社名を出さず個人名でかけてくるので、必ずしも親にバレテしまうわけではありません。

 

でも、心配な場合は連絡先を自分の携帯電話にしておいた方がいいですね。また、郵便物ですが、ローンカードや契約書が入った封筒には消費者金融の名前は印刷されていません。

 

学生でも借りれる銀行カードローンの場合は、銀行名は書かれていますが、カードローンの関係の書類が入っているということはわからないようになっています。ですから、親の目に触れたとしても、それだけでバレテしまうということはありません。

 

女性04

 

ただ、心配な場合は、カードローンの契約をする時にインターネットから申し込み後に自動契約機ですれば、その場でローンカードが発行されるので、自宅にカードが郵送されてくることはありません。自動契約機での契約ならすぐにATMでお金を引き出せるというメリットもあります。

 

カードローンは学生でも借りれるので手軽に利用できる金融商品ですが、無計画に借りると返済ができなくなり、督促状が届くようになって、カードローンで借りていたことが結局は親にバレてしまいます。ですから、借りるときには自分の返済能力を考えて、本当に必要な時だけ必要最低限の金額を借りるようにしてください。