学生生活 1ヶ月必要なお金

学生生活で1ヶ月に必要なお金

家賃 4万円〜6万円
光熱費 1万円前後
食費 2万5千円前後
日用品 男性3千円 女性5千円(化粧品などを含むため)
電話 4千円〜8千円
交際費 1万8千円前後
衣料費 0円〜1万円
貯金 1千円〜1万円
家賃

お部屋

4万円〜6万円前後の場所に住んでいる学生がほとんどで、家賃は両親が負担してくれるなんて方もいます。やはり女性のほうが家賃にかけるお金は多く1階は防犯上嫌だなどで2階に住んでいる女性が多い場合がある為です。家賃ばかり気にして物件を選ぶと断熱材などがちゃんと入っていなくて冬は寒く、光熱費がバカにならない、大学から離れすぎていて交通費がかかってしまうなど、別のところでお金がかかってしまうので、総合的に見て住みやすい物件を探すことをおすすめします。

光熱費

水道・ガス・電気各3000円ぐらいずつで考えると良いです。比較的節約しやすい出費ですが、あまり大きな節約にもならないです。

食費

自炊

自炊をしてやりくりしたり、お米は実家から送ってくれるなど人それぞれですが、上手にやりくりしないとかなり高くついてしまうこともあります。節約しようと思い、カップラーメンばかりの食事にしたり自炊するのが面倒で外食ばかりにするなど偏った食事にならないようにしないといけません。また、一人暮らしの場合ガスコンロが一口の場合があり調理しにくいかもしれませんが、お味噌汁はインスタントやほっともっとで購入して、親子丼を自炊するなど、料理方法も工夫していくと節約もできます。
また、まかない付きのアルバイトも食費をうかすことができます。

日用品

ポイントカード

シャンプーや食器用洗剤、歯ブラシ、トイレットペーパーなどの購入費用です。消耗品の物が多く安いものでも我慢できるのであれば費用はそんなにかかりません。大抵のものはドラックストアやホームセンターで売っているので利用する場所をある程度決めてポイントカードなどでポイントを貯めてやりくりする方法もあります。

電話

携帯電話代がほとんどで、固定電話はひかない学生が多いです。プランの見直しや住んでいる住所が異なっても学生ならファミリープランで割引が大きいなど安くする方法があるのでショップに相談してみると良いです。クレジットカード払いで多くポイントを貯めて支払いに使って節約する方法などがあります。

交際費

飲み会や合コンなど、友達や恋人と遊ぶためのお金です。友人との外食費もコチラに含まれますから、しょっちゅう友達とご飯を食べに行く人はかかってしまう場合も。自宅でたこパなどで節約して楽しい食事会や飲み会を開いてお金とも人とも上手に付き合いましょう。

衣料費

服

大学4年間、服を1枚も買わない人は0円ですが、おしゃれに無頓着な人でも下着や靴下などはさすがに買い替えるでしょうし、中学や高校とは違って制服がない分、洋服にはお金がかかりがちです。古着屋などを利用して上手に購入できるように工夫してみましょう。

貯金

大学生のうちから貯金をすることを癖にしておくことは大切です。月に1000円でも500円でも良いので貯金することを始めましょう。生活して残ったお金を貯金するのではなく、貯金はいくら!と出費として考えて貯金したほうがたまりやすいです。もちろん、貯金分をとって生活して残ったお金があれば貯金することも良いことです。

その他

住民税や国民年金・国民健康保険などの支払いが必要な方は支払いをします。

 

住民税・・・年収によって金額が決まってくるのですが、大学生の場合収入が多くないので支払い義務がある学生は少ないです。
また、取得税なども同様で、年収によってきまりますが住民税同様支払い義務がない場合がほとんどです。
参考URL⇒http://www.ifinance.ne.jp/learn/tax/txy_4.htm 「バイトをしている学生の方の税金は?」

 

国民年金・・・支払いの義務がありますが、学生の場合は支払いが免除されるので市役所などで免除申請を提出してください。

 

国民健康保険・・・多くの大学生が親の不要に入っているケースが多いので加入の必要はありませんが、必要な場合は加入してください。

 

  • 原付きバイクなどを持っているのであれば、軽自動車税の支払いがあります(50cc以下1000円)
  • インターネットを自宅で使う場合はプロバイダー料金や回線業者への支払い5000円前後
  • 急な病気や怪我での通院費
  • 参考書などの勉強のための費用
  • 美容室、家電などが壊れた際の購入費などなど

まとめ

全体的に見て少なくても12万円〜14万円はほしいところです。全国平均で親からの仕送りが7万円前後です。アルバイトの収入が2万5千円前後で、奨学金が2万円6千円前後。これでギリギリの生活です。余裕を持ちたいのなら16万円〜18万円あると良いのですが、アルバイトを頑張りすぎて学校生活がおろそかになってしまっては意味がありません。
夏休みなどを利用して短期のアルバイトで貯金したり、学生ローンやカードローンを利用してやりくりしたりと上手に生活すべを学びながら充実したキャンパスライフを送ってください。