学生 カードローン 審査

学生がカードローン申込時に審査で見られるポイントは?

学生でも学費や交通費、交際費などで結構お金がかかります。月末にお金が足りなくなって困ることもあると思います。そんな時にはカードローンが便利です。

 

学生に特化した中小規模の消費者金融だけでなく、大手消費金融も、学生でも借りれるカードローンを販売しています。ただ、審査があるので申し込めば誰でも借りれるというわけではありません。

 

学生がカードローンに申し込む場合は、審査でどんなところがチェックされるのでしょうか?

 

考える男

 

安定した収入がある

学生が申し込む場合も社会人がカードローンに申し込む場合と同様に、安定継続した収入があることが必要になります。

 

ですから、アルバイトなどをしていて自分で収入を得ている必要があります。仕送りは安定した収入にみなされませ消費者金融なら借りれるところもあります。

 

また、働いている期間は長ければ長いほど有利になります。1k月働いただけでもカードローンの申し込みができるとはいえ、審査に関しては不利になります。ですから少なくとも半年は働いてから申し込むのが無難かと思います。

 

親と同居か一人暮らしか

親元を離れて一人暮らしをしている学生さんも多いと思いますが、カードローンの審査では一人暮らしよりも親と同居している方が有利にはなります。

 

万が一本人が返済できなくなった場合、親が肩代わりしてくれる可能性が高いからです。もちろん、親元を離れて生活していても、安定した収入があり、他社借り入れもなく、属性が良好なら審査に特に不利ということはありません。

 

携帯電話の料金の滞納がないように

学生さんで複数社のカードローンを利用している人やクレジットカードを持っている人は少ないかもしれませんが、携帯電話は誰でも使っているともいます。

 

たいていは割賦払いを利用していると思いますが、その場合、料金の遅延があると信用情報機関にその事実が登録されて審査に不利になります。頻繁に支払いが遅れているとブラックになって審査に通りません。ですから、携帯電話の料金も遅延なくきちんと支払うようにしてくださいね。