消費者金融 銀行カードローン 学生借りる

消費者金融の特徴

金利の設定が銀行よりも少し高めですが、審査が甘く必要書類なども少なくて気軽に使えます。最近では銀行カードローンと同じぐらいの金利で借入ができる会社もありますし、無利息期間などの会社独自のキャンペーン等を行いお得に借入をすることができるようにしています。また、審査時間が銀行よりも早いことから急いで借入をしたいかたにもお勧めできます。
よく名前の知られている「アコム」「モビット」などは大手銀行「三菱東京UFJ銀行」「三井住友銀行」などの子会社として貸付をしているので銀行カードローンと同じような安心感もあります。

銀行カードローンの特徴

銀行カードローンは消費者金融にくらべ金利が低く、何よりも安心感があります。また利用のしやすさとして多くのATMから借入や返済ができます。コンビニや提携の銀行のCD(キャッシュディスペンサー)などが使えるので、カードさえ作っておけばいざというときにも、気軽に利用することができます。ただし、審査が厳しかったり、時間がかかったりもするので急いでいる場合には向いてない場合もあります。
また、万が一の郵送物を両親や恋人、友人に見られたとしても、口座を開設したなどと言い訳がしやすく、ローンカードなどを見られたとしても、友人の兄弟が銀行に勤めていて付き合いで作った。など言い訳もし易いです。

消費者金融vs銀行カードローン 比較表

消費者金融
アコム プロミス

アコム

三菱東京UFJ銀行が運営しているテレビCMでも有名なアコムはブランド力があるので安心して利用ができます。三菱東京UFJ銀行やセブン銀行のATMから借入や返済ができるので、利用がしやすいです。

プロミス

三井住友銀行が運営しているキャッシング会社で、キャッシング初心者の方におすすめ度が高いです。また会員になるとポイントが貯まり無利息にしたり、ATM手数料に当てることができます。

銀行
新生銀行 〜レイク〜 みずほ銀行

レイク

新生銀行が運営しているので安心して借入ができます。郵送物などがあるので専用フリーダイヤルにて手続きをしないと親バレしてしまう可能性はありますが、ATMの手数料無料や無利息期間の設定があります。

みずほ銀行

パソコンやスマートフォンからの申込みなら即日融資が可能で、審査結果もメールで確認ができます。大手銀行のみずほ銀行なら全国どこでも気軽に利用ができますし、安心感も違います。

三菱東京UFJ銀行 三井住友銀行

三菱東京UFJ銀行

一番バレにくいと言っても過言ではないのが三菱東京UFJ銀行のテレビ窓口からの申込みで、その場ですぐにカードを発行してくれるので、郵送物が一切なく利用開始ができます。絶対にバレたくない方、お勧めです。

三井住友銀行

インターネットや郵送、電話などの様々な申込み方法があり、大手の銀行の安心感もあります。返済もコンビニATMからもできるので、わざわざ銀行にいかないでも気軽に利用ができます。

商品
消費者金融

☆アコム

☆プロミス

銀行カードローン

☆新生銀行 レイク

☆みずほ銀行

☆三菱東京UFJ銀行

☆三井住友銀行

利息

☆アコム 4.7%~18.0%
☆プロミス 4.5%〜17.8%

☆新生銀行 レイク 4.5%〜18.0% 
☆みずほ銀行 4.0%〜14.0%
☆三菱東京UFJ銀行 4.6%〜14.6%
☆三井住友銀行 4.0%〜14.5%

即日振込

☆アコム 可能
☆プロミス 可能

☆新生銀行 レイク 可能
☆みずほ銀行 可能
☆三菱東京UFJ銀行 可能
☆三井住友銀行 可能

保証人

☆アコム 不要
☆プロミス 不要

☆新生銀行 レイク 不要
☆みずほ銀行 原則不要
☆三菱東京UFJ銀行 原則不要(学生の場合、親権者の同意が必要)
☆三井住友銀行 原則不要

融資限度額

 

☆アコム 500万
☆プロミス 500万

☆新生銀行 レイク 500万
☆みずほ銀行 1000万
☆三菱東京UFJ銀行 500万
☆三井住友銀行 800万

利用可能年齢

☆アコム 20歳以上
☆プロミス 20歳以上

☆新生銀行 レイク  20歳以上
☆みずほ銀行 20歳以上
☆三菱東京UFJ銀行 20歳以上
☆三井住友銀行 20歳以上

公式サイト

☆アコム

☆プロミス

☆新生銀行 レイク

☆みずほ銀行

☆三菱東京UFJ銀行

☆三井住友銀行

 

借入限度額について・・・・
公式サイトでは500万などの高額で案内していますが、学生が500万円を借り入れするのは難しいです。学生でアルバイトの収入が月7万円だとすると年間で84万円の収入になります。大体年収の3分の1位が借入の最高限度額となるのでこの場合だと28万円ですから30万円ぐらいが借入の最高限度額となる可能性が高いです。

利用可能年齢について・・・・
基本的に学生であっても未成年者がカードローンを利用するのは無理です。18歳で大学生、アルバイトもしている。けどやはり20歳までは利用ができません。どうしてもカードローンを利用したいのであれば18歳からでも作れるキャッシング枠のあるクレジットカードを作り利用する等の抜け道ならあります。

まとめ

 

費者金融も銀行も20歳以上からの申込みが可能で学生であっても、未成年者は利用ができません。また原則アルバイトなどの安定した収入がある方のみが利用できます。消費者金融は金利の設定が高いのですが、比較的審査に通りやすいのが特徴ですし、銀行は金利が低いですが敷居が高いです。今回は代表的な消費者金融、銀行を比べています。自分の気になる会社がありましたら比較してみるとより自分に合った金融商品に出会えるはずです。

 

一概に、消費者金融が良いのか銀行が良いのかは言えませんが、比較的利用のしやすさでは消費者金融。安心感や万が一、周りの人間に知られた時に印象が良いのは銀行でしょう。
後は、自分のライフスタイルなどを考え、利用したい会社の提携ATMの場所や返済の引き落とし日や入金期日なども見て決めていくと良いです。