大学生 お金 借りたい

学生がお金を借りる理由 ランキング

自動車免許取得

ドライブデート

地域によっては高校生(18歳)になったらすぐに、取得することもありますが、多くは大学生になってから自動車免許取得をする人が多く、免許取得には30万前後かかります。高校生からアルバイトをしていて免許取得の為に積立をしていたのなら支払いができる可能性はありますが、そんな人はごく僅かで、多くの人が教習所のローンやキャッシング・学生ローンなどを利用して費用を用意しています。

 

教習所にもよりますが、10万円だけ現金で残りはローンで支払いなど支払い方法を選ぶこともできますし、キャッシングや学生ローンなら必要なぶんだけローンを組むと良いです。

 

自動車免許取得の場合は両親にお金を借りたり、両親が免許取得費用を出してくれる場合もあるので甘えられるのであれば甘えても良いかもしれません。

卒業旅行

旅行女子

学生生活の終わりに、楽しく日々を送ってきた仲間と旅行に行く為にお金を借りる学生が多くいます。さすがに卒業旅行の費用までは両親に出してもらうわけにもいかないですし、やはり自分のお金で行くのが一般的です。
予算は国内で10万円前後、海外で20万前後が多く、ツアーなどを利用して安く海外などに行くのも人気です。10万円ならなんとか用意できるかもしれませんが、大学卒業後一人暮らしを始めたりすると何かと現金を手元にとっておくほうがよいので、学生ローンやキャッシングを利用して月々負担額を少なくして返済していくのが良い方法です。

 

学生ローンは卒業後も利用ができますし、返済も卒業後でもOKという業者がおおいので卒業旅行費用として借りることもできますから、安心して利用してください。

生活費

女の人

一人暮らしをしている人と、両親とともに実家で暮らしている人とでは毎月の生活費が異なりますが、大学生になるとお金はどんどん出て行ってしまいます。実家暮らしだと出費として出て行きやすいのが学校までの交通費がかかる場合が多く毎月1万円前後の出費が平均です。、一人暮らしの場合は大学の近くに住んでいる人が多いので交通費0円なんて人もいます。
しかし、家賃や食費などはやはりかかりますし、電話代や帰省の費用などやはり一人暮らしの方が何かと出費は多くなります。

 

食費や生活必需品を買うのにどうしても足りない場合、学生ローンやキャッシングを利用する学生が多いのですが、この場合は1万円からでも借りられるカードローンが使いやすくおすすめです。学生ローンは融資までに時間がかかってしまいますが、カードローンであればカードを持っている状態ならコンビニで自分のお金の用に引き出す感覚で利用ができますから便利です。

まとめ

その他お金を借りる理由として、自動車免許以外の資格取得のための費用や車やバイクの購入費用、就職活動のためのスーツの購入費用など。もちろん、彼氏彼女へのプレゼントや記念日の旅行費用としてなどもあります。
どの理由でも学生ローンやカードローンは使用用途が自由なので申し込むことができますから、必要なぶんだけ借入をして学生生活に役立ててください。
大学生だと初めて借入をする人が多いですから、はじめから必要以上に借入をしないで、必要なぶんだけ返済のこともよく考えて借入を利用するようにしてください。また、借入をすることは恥ずかしい事ではないです。恥ずかしいのは借入をして返済をしないでいることですから、ちゃんとした気持ちで借入をして返済をしてください。