学生でも借りれるカードローン

学生でも本当にカードローンでお金を借りれるのか?

喜ぶ

学生でも20歳以上で収入があれば借りれるってご存じですか?

学生はカードローンを利用することができないと思っている人が多いです。

 

しかし学生でも本人に収入があって20歳以上であれば申込むことができます。
アルバイトでも消費者金融や銀行から借りることができるんです!

 

学生がカードローンを利用した事例

ok

男性/20代/T・M

 

使用目的:レジャー
希望額:キャッシングには限度額があり、10万円まででした。
利用したカードローン:三菱東京UFJ銀行カードローン

年収

勤続年数

他社からの借入

延滞情報

0円

無し

無し

無し

結婚

住居形態

同居家族

月々の返済額

未婚

賃貸アパート

一人暮らし

月10万円で、全額返済。

 

カードローンを利用した感想

 

海外旅行中に急に現金が必要となり、大変助かりました。しかし、海外でキャッシングしたことが初めてで、大変緊張しました。また、返済時は手数料がかかる時間帯だったので次はちゃんと時間をみて返済しようと思いました。海外にも、ゆうちょ銀行などの日本の銀行があれば良いのにと思いました。

女性01

女性/20代/N・S

 

使用目的:生活費
希望額:5万円。
利用したカードローン:アコム

年収

勤続年数

他社からの借入

延滞情報

90万円

3年

無し

無し

結婚

住居形態

同居家族

月々の返済額

未婚

賃貸マンション

一人暮らし

月3万円

 

カードローンを利用した感想

 

生活費が足りなくなり利用しました。急いで現金が必要だったのですが、カードローンのおかげでその日に借りることができました。初めてでわからないことが多く、オペレーターの人に電話して聞いたりしたのですがとても丁寧に教えてもらえて良かったです。

親にバレずに学生がカードローンを借りる方法

学生は学費以外にも交際費、旅行費用など何かとお金が必要です。アパート暮らしなら家賃も払わなければいけません。親からの仕送りがあったり、自分でバイトもしているもののそれだけでは足りない時があるという学生さんも少なくないのではないでしょうか?そんな時に、利用できるのが学生でも借りれるカードローンです。

 

親にバレずに借りれるか?

内緒

ただ、お金は借りたいけど、親には内緒にしたいという学生さんも多いと思います。銀行のカードローンの中には学生でも借りれるものがありますが、親の同意が必要なところと必要がないところがあります。

 

未成年の学生の場合は、学生に特化した消費者金融の学生ローンというので借りることができますが、ほとんどは、親権者の同意が必要としています。それで、20歳以上の学生なら大手消費者金融やほとんどの銀行カードローンで、親に内緒で借りることができます。

 

学生でも借りれるカードローンの申し込み方法

学生がカードローンに申し込むときには、一般の人と同じように、店舗窓口や自動契約機、インターネット、電話、郵送などの方法があります。

 

ただ、親と同居している場合は、近くの店舗に入るところを知り合いに見られて親にわかってしまったりすると困りますよね。それで、インターネットからの申し込みが最善です。インターネットなら24時間いつでも申し込みが可能で、消費者金融なら即日融資にも対応しています。

 

また、会員になってからそれから申し込みの際にインターネットバンキングを利用すれば、利用明細書が自宅に送られてくることはなく、パソコンで利用明細を確認できます。また、申し込みの際、電話番号を申告する必要がありますが、親と同居している場合は自宅ではなくて自分の携帯番号を申告しておけば自宅に電話がかかってくることはありません。

 

郵便物が自宅に送られてくるか?

親と同居している学生の場合は、カードローンに申し込んで郵便物が自宅に送られてくるのが困るという場合がありますよね。

 

ただ、消費者金融から送られてくる場合は、封筒に消費者金融の名前が印刷されていません。別の名前が書かれているので、消費者金融から送られてきたということはわかりません。銀行カードローンの場合も銀行名は印刷されていますが、カードローンに関係した書類ということはわからないようになっています。

 

どうしても郵送物を送ってほしくない場合は、インターネットから申し込み後に最寄りの自動契約機でカードのみ取りに行くことで郵送物は届かないようにもできます。←郵送物は後日届くカードローンのカードです

 

このように学生でも借りれるカードローンはありますが、親と同居している学生の場合は、親に内緒で借りようと思うと、少々気を使いますね。ただ、一人暮らしをしている学生より親と同居している学生の方が新sナビ通りやすいというメリットもあるんですよ。

学生がカードローンで借りるとき審査に有利な条件

カードローンを利用するには審査に通る必要があります。

 

ok

 

他社で借入をしていない

現在、他社から借入をしている場合は審査に通りにくくなります。特に学生の場合は奨学金を利用している人が多いです。保護者が借り手となって返済をしている場合は問題ありませんが、本人が借り手となっている場合は借金があると判断される為、審査に通ることが難しくなります。

 

ただ、借入件数や借入金額によっては審査に通る事もあるので一度申込みをしてみるのがいいです。もし審査に不安な場合は、事前審査が簡単にできるので安心です。

 

過去に滞納・一度に複数から申し込んだことがない

過去にクレジットカードなどの返済を滞納した場合や、カードローンなどの申込みを一度に複数申し込んだりすると、信用情報機関(ブラックリストと言われている)というところに情報が全て登録されます。カードローンの審査は信用情報機関の情報を参考にしているのでそういった情報が登録されていれば審査に不利になります。
※滞納は約3ヶ月すると登録されると言われています

 

もし自分の登録されている情報が知りたい場合は、JICCやCICのホームページから開示できます。
JICCのホームページ →CICのホームページ

 

アルバイトでの収入が多い

アルバイトの収入が多ければ審査に有利です。少なすぎるとちゃんと返済してもらえるのか金融側も不安になりますが、多ければそれなりに安心してもらえます。月収8〜9万あれば審査に通りやすくなります。

 

勤続年数が長い

アルバイトの勤続年数が長いほど審査に有利です。収入が安定していると判断してもらえ、特に1年以上務めている場合は特に審査に通りやすくなります。

 

家族に内緒で借りる

 

まず、カードローンは保証人が不要です。保証会社が保証してくれるので基本的に自身の身分証明書があれば申し込めます。書類が自宅に届かないようにするには最寄りの自動契約機に直接行って契約することです。その場でカードが発行されて当日に借りることができ非常に便利ですよ。

 

銀行カードローンの場合は、本人に収入がなくても配偶者に収入があれば申込むこともできます。なぜ銀行カードローンは無収入でも利用できるかというと・・・

 

銀行カードローンは総量規制対象外だからです!

 

総量規制とは・・・
借りすぎ貸しすぎの防止策として借入総額が原則年収の3分の1までに制限される事。
銀行カードローンは総量規制の例外で配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付けが可能になります。

 

総量規制

カードローンの仕組み

カードローンは他のローンに比べると審査が簡素化されていて、安定した収入があれば正社員でなくても借りれますし、専業主婦や学生でも借りれるカードローンもあります。ここでは他のローンと比較しながらカードローンの仕組みについてお話ししたいと思います。

 

1.カードローンは無担保で保証人も必要ない
他のローンの場合担保や保証人が必要な場合もありますが、カードローンは無担保で保証人が要りません。保証人が必要なローンだとなかなか保証人になってもらえる人を見つけられなくて、ローンを利用できないという場合もありますが、カードローンならそういう心配が要りません。

 

銀行カードローンで借りるときでも、保証会社が保証するので保証人を探す必要はありません。担保も保証人もないというのがカードローンを気軽に利用できる一つの理由ですね。

 

2.一度の契約で何回でも借りれる
自動車ローンにしても教育ローンにしても、お金を借りるたびに契約をしなければなりません。カードローンの場合は、1度契約すれば限度額の範囲内で何度でも借りることができます。

 

借り入れも、インターネットで振込み融資を依頼したり、コンビニのATMで24時間いつでもできるという便利さがあります。また、カードローンは使途が自由なので、他のローンのように使途を証明できる書類の提出もしなくてよいというメリットがあります。

 

学生女子

 

3.勤務形態に関係なく借りれる
他のローンの場合、正社員でないと申し込めないとか、一定の年収に達していないと申し込めないということがありますが、カードローンの場合は普通はそのような条件がありません。アルバイトやパート、契約社員、派遣社員でも申し込みができます。

 

また、アルバイトをしていれば、学生でも借りれるカードローンもたくさんあります。もちろん勤務形態や年収によって限度額は低くなる場合があります。特に学生や専業主婦の場合は限度額を低く設定していることが多いです。

 

4.金利が高い
カードローンはこのように学生でも借りれるほどハード?が低いので、気軽に申し込みができるのですが、他のローンと比べると金利が高くなっています。

 

他のローンのように高い要求がないので、貸す側としては貸し倒れのリスクが高くなります。ですから、その貸し倒れの分も見込んで金利は高くなっています。銀行カードローンなら最高金利は年14.0%台、消費者金融なら18.0%程度というところが多いようです。

 

ですから、車や高級額など高いものを買う時にはカードローンを利用すると利息負担が大きくなり返済が大変になります。車の購入には自動車ローンを、家具などの購入のためには、目的別ローンを利用する方がいいでしょう。

危険!なカード会社の特徴

最近のカードローンは正社員でなくてもアルバイトやパートでも借りれるようになっています。また、安定した収入があれば、学生でも借りれるカードローンもあります。

 

カードローンは他のローンと比べると手続きが簡素化されているので借りやすいのですが、中には悪徳業者もあるので、カード会社の選択には注意が必要です。

 

ここでは、危険なカード会社の特徴をご説明するので、カードローンを選ぶ際の参考にしてください。

 

バツ

 

悪質業者その1:連絡先が携帯電話のみになっている
カードローンの広告はネット上でも雑誌や新聞でも見られますが、カード会社の連絡先は携帯電話だけではいけないことになっています。ですから固定電話やフリーダイヤルの電話番号が書かれているか確認してください。携帯電話だけのカード会社は闇金です。←要注意!

 

連絡先を携帯電話だけにしておく方が、警察の手を逃れやすいからです。闇金は小口融資が主ですが、そのため数万円だけ借りたいという学生などがターゲットにされます。

 

ですから、大学の近くには闇金もたくさんあります。学生でも借りれるカードローンだからといって携帯電話の番号しか載せていないようなカード会社には申し込まないようにしてください。

 

悪質業者その2:登録番号がない
カードローンを販売している貸金業者は、貸金業者としての登録をしなければならないことになっています。ですから、登録している貸金業者には登録番号というのがあります。たとえば、東京都知事(8)第*****号のような番号です。この番号がなければヤミ金です。

 

また、番号があっても()内の数字が1や2だと闇金である可能性が高いと言われています。()内の数字は3年に1度行われる登録の回数を表しています。ですから(1)なら貸金業者としての営業が3年未満ということになります。

 

闇金は屋号を変えて頻繁に登録しなおすので必然的に()内の数字が少なくなります。また、偽の登録番号を表示しているカード会社もあるのですが、確認したい場合は金融庁の登録貸金業者検索サイトで確かめることができます。

 

悪質業者その3:条件が良すぎる
カード会社の広告には「ブラックOK」とか「多重債務者大歓迎」というようなものがあります。学生でも借りれるカードで「学生さん大歓迎、無審査即日融資」などというのもあります。このように審査の甘さを強調している貸金業者は危険な業者です。

 

まず、貸金業者は借り手の信用情報を確認して審査をしなければならないことになっているので、無審査というのはあり得ません。

 

また、総量規制があるので、多重債務ですでに年収の3分の1を超える借入金がある人には貸し付けはできません。また、金利が異常に低いというのもヤミ金です。年率1%の金利はあり得ませんので騙されないようにしてくださいね。